転職後に前の給料より下がってしまわないために

毎日の業務の上で、ストレス解消を心がけることが最も大切なことではないでしょうか。
どんなに良い条件の仕事である場合でもストレスを溜め込むと長続きしません。そこで、ストレスを解消するための方法を自分なりに準備しておくことが大切なのです。
一昔は、35歳転職限界説という説も、あながち嘘とは言えませんでした。
以前は年功序列だったので、35歳を超えた方が、中途で入社してきてもどのように扱うかが難しいので、採用しないところが多かったのです。しかし、現在は年功序列のシステムが崩れたため、35歳を超えていても前途有望であれば採用を決める企業が多くなりました。
焦燥感に駆られながら転職活動をすると、職を決めることを優先してしまって、年収が低くても働ければいいかと仕事を選びがちです。
その結果、転職前よりも収入が悪くなることもよくあります。
そうなってしまったら、なんのために転職したのか、わからなくなってしまうかもしれません。年収アップにこだわるのであれば、ゆっくり時間をかけて、仕事を探す必要があります。転職理由はどういったものが望ましいかというと、まずは転職しようと思った本当の動機をよく考えてみてください。考えたことをそのまま伝える必要はないので、正直に考えたことをノートに書き出しましょう。そして、それを後ろ向きなイメージにならないように文章を変えてみてください。
転職理由が長くなりすぎると言い訳と取られてしまうので、長くなりすぎないように気をつけましょう。

Contents

HOME

未分類

↑ページの上部へ戻る

Copyright(c)転職サイトの評判は口コミを参考に. All rights reserved.